11月17日の通院

先週から、固定材料のカタチが変わっています。
肘もキレイになったようです。
来週24日前後にレントゲン撮影予定。

最近、めっきり寒くなりました。

日中、まだ本格的に暖房はつけていませんが
ミンのハウスには、電気で温まるボードを敷き
その上に薄いクッションとバウムを置いてあります。
ほんのり暖かい程度ですが
ミンが入っていると、ぽかぽかです♪
今はイチバンここがお気に入りのよう。

写真は、こちらが仕事の手を休めるまで
何かを待ってるミン子ちゃん。
そのうちにじり寄ってきます^^

004_20111119084611.jpg

関連記事
スポンサーサイト

No.1110109のバウムできました | ホーム | 肘から上、オープン。

Comment

らてとわ #-

はじめまして、こんにちわ。突然ですみません。話せば長くなるので省略します。我が家も骨折で辛い思いしてます(イタグレ)。長くかかりましたが ようやくつながりました。ミントちゃんと同じ 良い事、悪い事を聞かされ1年たちました。創外固定、プレートのボルト穴、沢山開き過ぎ(塞がりました」) 手首が折れ(病院で)手術が難しい状態です。大腿骨を移植し関節を固定する為 もう曲がらなくなります。今 その準備待ちです。あまりに骨が細くなり再生が無理な場合 切断です・・・上手くいく事を願って お聞きします。ミントちゃんも移植しましたよね?普通の生活できるんですよね?立ったり寝たりしても大丈夫ですよね?ほりほりも?
もう不安と泣きたいきぶんです。
ぜひ教えてください。

2011/11/25 (Fri) | URL | 編集

minママ #-

はじめまして。らてとわさまのイタグレちゃんも1年、骨折治療で頑張っているのですね。
1年を通して骨折治療と向き合ってこられた、らてとわさんのご心中お察しします。
わたしも不安で泣きたいの、しょっちゅうです。 外科の手術に関しては、同時に別の方法を選ぶと言うことが不可能なのですから
飼い主にとってはシビアなものです。

この1年の間に、骨がつながり、経過を見ているうちに最近手首付近が骨折したという、そういう状況でしょうか?
ミントの場合は、骨が吸収されてなくなってきたのでその部分を除去し、その欠損部分を補うために
骨盤から削りだして、トウ骨に移植、プレート固定をしています。
現在まだ骨折線が消えないのでギプスで手首の関節まで固定中です。
関節までのプレート固定ではないのですが、前例の少ないケースなので
ギプスを外したら、ちゃんと地面に着くのか、手首の関節はどうなるのか
わからないことだらけです。
今はギプスのお陰で無茶なほりほりも、着いて歩くことも出来ていますが・・

らてとわさんのワンコさんは、「もう曲がらなくなる」とのお話から察すると、プレートか何らかの方法で関節ごと固定するのでしょうか?
この手術をすると、取り返しのつかないことになるのでは、というご心配もあると思います。
ただおそらくお医者様は、移植をして再生の可能性が高いという見込みをもって、脚を残すことが最優先であるとお考えなのだと思います。
義足になるより、自前の足のほうがいいですから・・
我が家の場合も大学病院で断脚を勧められた経緯がありました。ただもう一方の足も骨折経験があるので、1本脚になるとそちらに負荷がかかって別の骨折のリスクが高くなるので、短くなっても残すほうを選択しています。これもいつまでもつか・・

らてとわさんもいろいろな病院で意見を聞かれての決断だと思います。
らてとわさんのイタちゃんはこの1年もずっと頑張ってきて、らてとわさんにいっぱい褒めてもらってきたと思います。不自由かもしれないけど、そのときはイタちゃんもとってもしあわせなはず♪
そのお顔をこれからもずっと身近に見られるのですから、イタちゃんを信じてもう少し頑張ってもらいましょう。応援しています!

2011/11/25 (Fri) | URL | 編集

Post comment

Secret

Page top