バレエ鑑賞

23日のチャミの通う教室の発表会に向けて
このところ何度かスタジオに詰めて衣裳のサイズ直しをやっていました。

そして20日、東京国際フォーラムへ、レニングラードバレエ団の公演を観にいってきました。
2009_12300011.jpg

この時期は「くるみ割り人形」です。
この間デビューした丸ビルでランチしてからホールへ。
パパは初バレエ鑑賞、リボンは体調優れずキャンセルです。残念。
お昼12:30開演。
週末の夜の公演とは違って、主役はバレエ団のトップというわけではありませんが
その日のマーシャ(クララ)・金平糖役のサビーナ・ヤパーロワは若手?
マーシャのときは子役がやっているのかと思うほど初々しく
金平糖では可憐で品良く、とてもよかったです。

第2幕金平糖のパドドゥ、アダージオ。
あそこ、泣いちゃうんだよね~。曲の雰囲気が涙を誘うのかしら。
バレエはやっぱり芸術です!あの華やかな舞台の裏にどれだけの日々の鍛錬があるのか。
こどもがポワントを履くようになって、しみじみ思います。
わたしも履いてみたい・・イヤイヤ。
そうそう、芸術なんだからさーK文堂F中店さん、バレエ雑誌をスポーツのコーナー
ましてや格闘技雑誌の隣に置くのやめてね・・・取りにくいったら。



終わっておうちに帰ってもまだ4時。
お昼の公演だと空席もチラホラだったし
子供達と出かけるにはイイナと思いました。







関連記事
スポンサーサイト
Page top