ライモンダ~レニングラード国立バレエ~

30日夜、待望の「ライモンダ」を観に渋谷まで出かけました。
この日まであちこちでお友達が「インフルエンザにかかった」という話を聞くにつけ
『ぜったいかかるな~』
いやむしろ
『かかるなら早くかかっとけ~』ぐらいに思ってたんだけど
無事当日を迎えました。よかった。
2009_01300006.jpg


S席とはいえオーチャードホールは前のほう、座席の並びが互い違いではないし、さらに傾斜も
ゆったりなので観にくいらしいと聞き、チャミ用にクッションを持っていくという用意周到ぶり

チャミはなんだか行きの電車からもうガッチガチ。緊張してるみたい。
「自分の発表会より緊張する」
と言ってる!海外のバレエ団で生オーケストラで上演するの、親子とも見たことなかったですから無理も無いか~

2幕、3幕と進むにつれ盛り上がる「ライモンダ」。
「ライモンダ」は自分たちの発表会以外ではDVDでボリショイ、キーロフを見たことがあり
(私はボリショイのほうがすきなんだけど)、レニングラードは日本で初演と聞き期待してました。
全体におおらか、ボリショイとキーロフのいい所を取ったという感じでした。
ただ3幕のマズルカを省略してたんですが・・
私の好きなチャルダッシュをやってくれたので満足でした。

主演はシェスタコワ。前日がペレンだったけど、初めて見るけどシェスタコワよかったと思う。
もう一人のイリーナちゃん(ペレンと区別するのにちゃん付けしてる)が
友人役で結構舞台にいたので嬉しかった~♪
この人若手なのですが首がスッと長くて、キレイなのです!もちろん上手。
ぜったい近々プリンシパルになる!って思うんだけどなぁ。
アブデラフマン役、ちょっと上品めな演出?
とか言ってるうちに
ライモンダの結婚式まで話は進み、終わって欲しくない、って思ったら涙が出てしまいました。
3幕の印象的なヴァリエーション。前半は殆どピアノのソロなのでピアノ演奏者、幕間に練習していたっけ。
このヴァリエーション、おさえめなようで舞台を大きく使って踊っていたセメニャーカの印象が強いせいか、こちらのほうはあっさりしてるように見えました。
彼女に師事したというザハロワのライモンダが今はとても観てみたいです。
来月やるんだよね、新国立で・・・Z席でもいいから観てみたいなぁ!ていうかボリショイ劇場で観たい・・
全幕終わってカーテンコールは6回出てきてくれた。チャミも私も「ブラボー!!」
発表会でざんざん言わされたので叫んだので
声量十分で叫べます。
まさかルジマトフが?と期待したけどやっぱりもう帰ってましたね。
それにしても舞台とオーケストラ、会場との一体感、しっかり味わえました



*今日のミント*
  最近のお気に入りポーズ。「お鼻あったかい?」
2009_01300001.jpg

  「うん♪」
2009_01300004.jpg

関連記事
スポンサーサイト

ベッドのお渡し | ホーム | バウムクーヘンベッド作ります

Comment

kurin #vvifSN.s

美しいバレエってやっぱり、じかで見るのが一番ですよね。ミントちゃんと同じポーズはダンもバウムの折り目でしてます。どうして、イタグレって鼻をあーいうふうに隠すのでしょうね。あったかいのかな!?

2009/01/31 (Sat) | URL | 編集

minママ #ohHGnunA

ほんとじかに観られてラッキーでした♪DVDも良いけど、伝わってくるエネルギーが違う!最終日だったこともあるせいか、ダンサーはのびのび踊っていたような気がします。

イタグレは長い鼻先を持て余しちゃうんでしょうか?
とってもかわいい仕草のひとつですよね~♪

2009/02/01 (Sun) | URL | 編集

Post comment

Secret

Page top