バウムベッドの話①

DSC_0397~01

我が家のイタグレ、ミントです。ボアにくるまってしあわせそうです。

気が付くとバウムベッドも400個目の製作に入ることになっていました!
2008年の秋ごろから作ってる・・・。とおぼろげでしたが、このブログの過去の記事に、
最初に思いついたときのこと、日記に残していました。

『アイデアの出る瞬間』 http://igmint.blog15.fc2.com/blog-entry-539.html

それまでのミン子用ベッドといえば、はじめのうち(いったいいくつ買ったのか・・)はネット販売のペットグッズを試していたのですが
届いてみるとどれも、とにかく軽くて薄くて。
イタグレといえどミン子にとっては、ベッドというよりは大き目のおもちゃ扱い。

それになんというか工場で作った、独特な機械のにおいがなかなか取れないものも多く
不快なのか中身のワタを出し、
すべて、ほんとにすべてをダメにしてくれました。(だからワタが出しにくい強度はバウムにとって大切です)

その当時私のネットサーフィンはおもにベッド探し。。
とにかく夏でも毛布が必要なわが子に少しでも快適なものはないか?と探し続けていました。
あるにはある。。でもなんでこんなにお姫様ふう?とか
なんで迷彩柄?とかなかなか好みにぴったりのが見つからないのでした。

そうこうしているうちに、切羽詰まった脳みそが働いてくれたのか、上記リンクの記事のようなことがあり、
朝になり必死で作り方を思い出して作ってみたのが
こちらです。

『合唱コンとバムクーヘン』http://igmint.blog15.fc2.com/blog-entry-541.html

これがバウムの原型ですね。
ミン子は「これこれ~♪」といって?すぐに入って寝てしまったみたいですね。

当時の画像を見るとまだ左脚も健在で、愛くるしさはいまとちっとも変わらずで
当該の投稿記事をみつけるまで写真に何度も見入ってしまいました。

このベッドをそのあと400個も送り届けることになるとは、当時ぜんぜん思いもしなかったことです。
最初に試しに使ってみてくださったり、ブログで紹介してくださったり
おかげさまで興味を持ってお問合せ頂く、ということが起き始めました。

最初は薬局でただでもらってきたトイレットペーパー、紙おむつの段ボールに入れて
お届けしていたものでしたね~。

ちゃんとしたHPもなくて、「もっと早く知っていたら良かった!」というお声も寄せていただき
ただいま遅ればせながらも新しいHPを検討中です。
きっと綺麗なものになるので楽しみにしていただけたら嬉しいです。

『嬉しい』
日中はほとんど家のリビングを作業場にして製作の日々で、人とお話しないことも頻繁・・・。

ひとと交流するのがないと朽ちかけてしまうようなわたしなのですが、この仕事を続けられたのは
きっと『嬉しい』 『ありがとう』という言葉をこれまで就いた職業のどれよりも頻繁にいうことができるし
心に浮かぶからだと思っています。
メールを読むにつけ、お写真を見るにつけ、ひとえに感謝の念が浮かぶから。。
ひとつひとつに感動があって、まったく飽きることがありません。
そういう感謝や感動は皆様にお返しするなり、より広く多くの人やワンにゃんに届けなければならないな~と思います。

入って幸せ、それを見て幸せ。わんにゃんも飼い主様もともに幸せになれるベッド!
これからももうちょっとは作らせてもらいたいなぁと思っています。

よろしくお願いいたします。久々に長文。。読んでくださってありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト

バウムベッド5月受注再開のお知らせ | ホーム | No.391のバウム

Comment

Post comment

Secret

Page top