ドラム式洗濯機対応のバウム

先日ご紹介した洗濯機で洗えるバウム本体。
P5290906.jpg


これまでの本体と違うのは
ヒトツは、中身の素材です。
ポリエステルであることには相違ないのですが
より、脱水しやすく水はけがよく乾かしやすいものに変わっています。

洗濯機を壊す恐れが少なくなる内容物と構造にしました。
とはいえ、基本手洗い推奨で脱水は様子を見ながら。

重量は70%ほどになっていますので
従来のものほどドッシリ感はありません。
安定感が第一なので、中に敷くクッションを厚く充実させることでカバーしてます。




いつぞや、この写真で紹介した直径28cmの穴。。
これはお客様宅でご使用中のドラム式洗濯機の投入口の大きさなのでした。
P4190878.jpg

この窓をこんなふうにベッド本体が通れば、洗濯機自体は大容量なので洗えるのですね。

P5290914.jpg

最初に作ったSサイズ本体を先にお届けして
実際に洗えるものか実験にご協力してもらいました。

洗えて脱水もでき、自然乾燥で1日干して頂きました。
・・・結果無事だったとのこと。

もうヒトツの変わった点は、本体の高さです。
ちょっと低くなりまして23cmくらい。
ご使用になるときは中にクッションを敷くので、そうすると27cmくらいになります。
P5290907.jpg

(ここからMEサイズについて)
中の広さは、長いほうで50cmの定規がすっぽり入り余裕。
使ううちにサイドの壁がへたってきますと、もうちょっと広い感が出てきます。
P5290909.jpg

置くのに必要なスペースは、
長いほうで70cm弱。
P5290910.jpg

短いほうで60cmくらい。
P5290911.jpg

これに使うカバーは従来の本体用と共用できます。
(他のサイズについても、従来の本体・洗える本体、どちらにも使えます。)




関連記事
スポンサーサイト

ABCちゃんのバウム | ホーム | 入梅

Comment

Post comment

Secret

Page top