訓練士さんきたる

       DSC01022.jpg
  
         降参です  
今日は待ちに待った訓練士さんがやってくる日で、約束は3時なのに、洗濯も掃除も9時前には終わり。いつもこんなだったらもっと凄腕主婦になれるのにな。

あいにくパパは仕事が休めず、わたしとチャミと途中からリボン参加でセッションが始まった。
ミントはまだ問題犬になってしまったわけではない。むしろ素直で人懐っこくて、頑張りやで、親ばかを差し引いても良いワンだと思う。
そんなミントとわたしたち先住4人の人間の間にモヤモヤとした霞のようなものがある。
そのモヤモヤをこのまま放置することが出来なくて、訓練士さんに来てもらうことにしたのだった。

訓練士さんはわたしとミントのやり取りをよく観察して、いろんなアドバイスをしてくれた。
指摘されたのは、ミントの要求が通ってしまっており、こちらの命令するのはわかっちゃいてもやらない、ということ。
小馬鹿にされている、そんな状態だそうだ。
パパやリボンへのガウガウは遊んでの要求。今までガウガウをやめさせ、悪いことだと教えるために捕まえて教えるということをやってきたのだが、その捕まえるまでの追いかけっこが、つまりミントにとって遊びになってしまっているのだそうだ。

だから吠えても噛み付いても「はあ?」なんて言ってるわたしなんかはミントにとってはつまらないし、せいぜい膝に乗っかる要求を通す相手にしかなっていないのだ。

次回は散歩のセッション。
それまでに課題を出された。
 ・無駄に呼ばないこと。(特にムスメ!)
   呼ぶときは必ずご褒美があるようにすること 
   命令の言葉をたいせつに。
 ・無駄に見ないこと。(全員・・)
   特に要求しているとき
そのかわり
 ・こちらが先導した遊びではたくさん呼んで、触る

そして「これがいちばんキツイんですけど・・」と訓練士さん前置きして
「触らない、ダッコしない」
「え~!!」とわたし。今日一番の動揺だ。訓練士さんにはすっかりお分かりのようだ。
「これは、こちらの言うことを今よりもよく聞くようにするためです。」
「・・・」(内心もうお帰り願おうか、という思いがよぎる)

ミント、訓練士さんの前でもいつもどおりわたしの膝元にやってきては前足をかけ、わたしはいったんスワレをさせてからおいでで乗せていたが、これでもミントの要求をのんでいることになるらしい。厳しいな!
膝で丸くなってるミントをナデナデできないとは。もう涙目だ。
そうだ、次はいつ?
「来年です」
「・・(ひさびさに撃沈)じゃあ床で新聞を広げて読んでるとするですね、そのときミントがくっついて来るときはどーすんですか」
「新聞は椅子に座ってよんでくださいね

次は1月9日って決める間に、訓練士さん考え直してくれて
「ふふ、飼い主さん病気になりそうだから、ダッコはミントからの要求じゃないときに、するならいいですよ。」
言われなくても多分そうしていただろうが、お墨付きをもらえてよかった。

今のままなら「だめよ~」といいながら引っ張られ、怪我に怯えての暮らしが続くだろう。
現に今もDRで走らせても、走っている割には加減がわかってないように見える。生後3ヶ月から7ヶ月まで骨折して走る経験が極端に少なかったから。
でもわたしはあくまで「やめて欲しいときに、いついかなる時でも、やめさせる」ようにしたい。
これができたら怪我のリスクもぐんと減るんじゃないかと思う。
それが出来るようになるんなら・・と思ってお帰り願わなかった。
今は十分ミントにシアワセ貰っているから、いいじゃん無理しなくって、とも言える。でもそんなわたしのシアワセと引き換えにミントは怪我の危険にいつもさらされるし、場合によってはわたし達4人を守らなきゃ!と頑張っちゃうかもしれない。それこそ可愛そうだ。

これまで骨折を盾に目標を低めに設定していたツケですね。
今日はなんとか出来た。せめて明日もう1日は頑張るよ
 

関連記事
スポンサーサイト

ミント!! | ホーム | お客様

Comment

ジュピター #-

う~ん訓練士にホントのこと言われる堪えますね。
うちも散々言われるんだろうな。
家庭犬だからいいんじゃないとかと自分に言い聞かせています。
ジュピの場合は人への「噛み」ワンコへの「吠え」があったので、お店の「厳しい躾教室」に1週間預けて、その後もフォローしてもらって、人間の方も対処法を指導してもらいましたv-218

2005/11/29 (Tue) | URL | 編集

カイママ #-

訓練士さん、来たのだね。読んでいて私もキュンとなってしまったよ。v-292厳しいんだね。けやきママにも多分同じ様なアドバイスも中にはあったと思うんだけど彼女はホッとしてたからそんなもんかと思っていたのに。昔はそんな深く考えないでも何となく共存してたような気がするんだけどね。e-284骨折の事があるからと思ってがんばるしかないか。minママ耐えるのだe-281

2005/11/30 (Wed) | URL | 編集

minママ #-

ジュピター家さんへ
そうです、覚悟してましたが人間がさんざん言われちゃいました。うすうす分かっていたことをスバリ指摘されると凹みますねe-327
ジュピター君も合宿していろいろ教わったのですね。
性急にしつけたいわけではないのですが、こうなりたい、という相談をした以上は、もうわたし達が変わる他ないのですよね・・家族とミントの様子を見つつ良い方向に向かうよう進めます。

2005/11/30 (Wed) | URL | 編集

minママ #-

カイママさんへ
ご心配かけましたね~。ダッコしちゃダメと言われたというのは極端に聞こえますよね。よく考えると、ミントの要求を通さないことを徹底」しなさいよ、ていうコトみたいです。この間のしつけ教室よりいっそう充実した2時間半でした。
わたしもちょっとラクになったよe-319

2005/11/30 (Wed) | URL | 編集

ABママ #-

minママさんのへこむお気持ち、よくわかります。私も厳しい訓練士さんとずっとやってますから。私も同じような事言われてきたし、今もA太郎で同じような事やってますよ。A太郎は♂だから支配性が強いので、やたら可愛がるなとも言われてます。抱っこするなら低い位置でしなさい、と。
B子の時も「そんな事できないよ~!」という事は多々ありました。でも飼い主が努力すればしただけの結果は絶対に出るのが訓練だってわかったし、訓練士さんの言う通りやってきて間違いはなかったのでA太郎も引き続き頑張ろうってかんじです。
その訓練士さんが、ミント家の希望をしっかりわかってくれる方ならいいですよね。どこで犬と折り合いをつけるかっていうのは、家庭毎に違う訳ですから。もし、これは絶対違う!って思ったらそこで次の事を考えればいいと思いますよ。訓練士さんはいくらでもいるんだし、
訓練が手遅れになることはないんですから。
そのうち苦労した事も笑い話になっちゃって、犬もすっかり落ち着いちゃう日が来ますよ。今まさにB子がそうですから。

2005/11/30 (Wed) | URL | 編集

minママ #-

昨日一日訓練士さんの言うとおりの事をしていたら、夜にはミントの態度があっけないほど変わったので驚いています。褒める状況しか作らない、というのもこうすれば出来るんだと目からウロコ落ちました。
ひとえに飼い主の我慢です。ウチの希望は「やめて欲しいときにやめさせる」ことが目標でまだその訓練は先ですが、先を進む人がいてくれると励みになります。A太郎君の訓練頑張ってくださいv-221

2005/12/01 (Thu) | URL | 編集

うちのおてんば娘にも訓練士さんに見てもらうとおとなしくなるかしら?もう3才になったからむりかしら?v-16訓練士さんの言っていることはすごいけれどそれを実行するのはすごーく大変なことだね。私には出来ないかも・・・見習って少しやってみます。

2005/12/01 (Thu) | URL | 編集

minママ #-

どの訓練士さんも、「何歳でもやり直しはきく」とおっしゃるハズ。ただ年齢が上がるにつれ、どこで妥協点を見出すかは微妙で、その子と家庭環境に合ったやり方も千差万別なんだと思います。
来てくれた訓練士さんは、セッションの2時間の間ずっと吠え続けていたワンちゃんも見てきたそうです。(途中、自分が酸欠になりそうだった、と言ってました)
・・QOO家も頑張ってみる??

2005/12/01 (Thu) | URL | 編集

Post comment

Secret

Page top