クッションのお手入れ

バウムについているクッション。
(替えのクッションも別売りしています)

手洗いの押し洗いでお洗濯をお願いしていますが

『カバー部分だけ外して洗濯したい!』とお思いのときは

布帛とボアを縫い合わせてカバーを作っていますので
その円周部分の一部(だいたい15cmほど)は手縫いで最後とじています。

 図1:最後、手縫いでとじているところ。(中のクッション生地はいろいろです。)
009_20121118222643.jpg


そこのところを探して頂いて(縫い目が粗いのですぐ分かります。)
ちょいちょいと解いて中身のクッションを出して頂くと
カバーとクッションの本体がべつべつになります。

洗い終わったら、またちょいちょいと15cmほどまつり縫いで留めて頂くことになりますが
簡単にスナップなどをつけるなどアレンジしてみてください♪

関連記事
スポンサーサイト

No.1210176のバウムできました | ホーム | No.1210175のバウムできました。

Comment

Post comment

Secret

Page top