いいわけ出来ない犬に申し訳ないので

003_20120516145901.jpg

ギプスがとれてから、「とにかく左を使いましょう」とのお医者さんの指示のもと
短くなった左脚をとにかく着いて欲しいから
地面のニオイをかぐのを無制限OKにしていました。

ちょっと暖かくなってからは
舗装された道路も歩くようにはなりましたが
土の上散歩のときと同じく
あらゆるニオイをひろって歩きます。
こちらの言うことにも耳を貸さなければ
こちらが止まってみると、非難のこもった目で振り向くミント。
おもろない・・・・


しばらくは、左脚のため
こんな「おもろない散歩」をしていたのです。


振り返って飼い主をにらみつけては引っ張って歩く犬。
目を細くして眺めると、かわいいおちりだって、なんだかおバカに見えてきた。
リードでぐるぐるになりながら歩いてるあほ~な飼い主は
その気になれば言い訳できますが(しないけど)

でもミン子は「バカじゃありません」って
いいわけできないもんね。

ていうわけで、お散歩のやり方を劇的に変えたら
あらら、信号待ちでは2回に1回くらいはお座りとかしてるので
「かわいい~☆☆」
とこえをかけてもらったり、
立ち止まって話しかけてくれたり、
そんなことがふえました。

代わりに、公園などの広いところでは
ロングリードに付け替えてる間、好きなふうにやってもらってます。


ひとさまから「かわいい」「こんにちは」って声を掛けてもらうのが
以前から大好きだったミン子。
あほ~な飼い主だけでなくミン子にとっても、おもろない散歩を
長い事させてしまってたようです。ごめん。


ミ: 人間っていうのは犬と見ると可愛がるですね。。。

013_20120516145901.jpg

うんうんその通り。ずっとそう思っててね。

関連記事
スポンサーサイト

チェルくんのバウム | ホーム | No.1204136のバウムできました

Comment

Post comment

Secret

Page top