新入りさん

お引越し後、ひとまずカーテンの手直しをしようと
ミシンを出したら・・引越しやさんは丁寧に扱ってくれたのだけど
調子が悪くなっていました。。

手に馴染んだ道具がうまく動かなくなるのは凹みますね。
上手な人にお手入れしてもらえば復活するかもしれませんが
たちまち使用するのに
ちょっとためらわれるほどの音・・そして、止まる・・

新宿のお店で新しいのを購入することに決めました。
001_20120214135929.jpg

ミシンといってもいろんな種類があって
ひとつに絞れといってもなかなか選ぶのが難しいです。

ベッドを作り始める以前は、ミシンを使うのはもっぱら小物作りでしたので
事足りていたのですが

この厚物を仕上げるにはそれなりのパワーのあるミシンでないと。。
工業用や職業用も勧められましたが
そんなのになると我が家、むすめたちはますますミシンから
遠ざかってしまいそうで・・

家庭用ミシンでパワーがある程度有り
送りがしっかりしているもの。

そしてお引越し後、挨拶して分かったことですが
新生児ちゃんのいるお宅と、おばあちゃまのいらっしゃるお宅に接しているので
振動や音が激しくないものであることが必須となりました。
(新生児ちゃんも騒がしいですが^^)
それ以前にミシンよりもミントのほうがうるさいですが。

そして刺繍機能や縫い目模様は不要。
さらに予算を言うと、ぐんと絞られてきて・・

お店で取り扱うミシンだと
ハスクバーナのエメラルド116か118と
JUKIのG-100か200になりました。
お値段が若干ハスクがお手ごろだったし
アタッチメントがたくさんあるのがなんだかワクワクしたのですが

結局懐の広さ(針から右手側の空間)がハスクが狭すぎ(泣)だったため
GRACE100に決めました。
筐体、モーターはHZLシリーズと同じものらしいです。
ボイルのレースカーテンを縫いましたが
糸調子もそのままで、ぜんぜんしわも出来ないし
さすが工業用と同じBOX送りなの~と感動♪

音は、これがコンピュータ制御系の音か、というヒュイーーンといった音。
静かなのですが、まだ慣れません。フトコンも
まだ慣れないというか、急激に踏み込んでいるつもりが無いのに
あるとき急にスピードが上がるので今はゆっくりめで使っています。


音はハスクも十分静かだったし、メカチックな音で
試し縫いも気持ちよく出来たのですが
あの狭さだけは改良して欲しいです。
それからアタッチメントを交換するとき
「引きちぎる」くらいの勢いで引っ張るだけ。。
劣化はしないそうですが、やっぱりコワイ。

今日もグレースさん、さくさくと働いてもらっています♪
これからよろしくね。


関連記事
スポンサーサイト

7歳のお誕生日 | ホーム | バレンタインデーのしたく

Comment

Post comment

Secret

Page top